多汗症治療で多汗症を改善しよう

汗をかくというのは、体温調整をしたり体内の老廃物を排出したりする重要な役割をはたしています。

なので汗をかくというのはいいことです。


でも汗をかきすぎることで困っている人がいるというのも事実です、いわゆる多汗症です。多汗症ははっきりした原因があるわけではなのに、異常に多くの汗をかく疾患です。

汗をかく場所として手のひらや足の裏、腋などが挙げられます。



多汗症が起こる原因は精神的なものが多いとされています。

人の前にでてスピーチをしなければならなかったり、試験を受ける際などがいい例です。


汗をかくメカニズムとして、脳の中にある交感神経の中枢から汗を出すよう交感神経を伝って指令があり、汗腺から汗をかくわけなのですが、多汗症の人はこの交感神経の中枢が過敏なので体のあらゆる感覚から情報を仕入れて、汗を分泌するよう指令が出されているのです。



多汗症自体は生命を脅かすような疾患ではありません。

でも多汗症の人の精神的苦痛は大きなものです。

というのも、汗をかくことで人に不快を与えるのではないか、人の目が気になるといった気持ちから、社会への参加を制限させてしまうからです。
多汗症は多汗症治療を受ければ治ることが多いので、多汗症で悩んでいる場合には医療機関を受診して、適切な多汗症治療を受けることがお勧めです。
多汗症治療は、薬を飲むことや外用薬を塗ること、機器を使ったり、注射や麻酔、手術などが挙げられますが、人によって治療の効果も違ってきますし、どれが合うかは分かりません。



医師と相談しながら勧めていくことが望ましいです。