多汗症治療についての予備知識

main-img

多汗症というのは、人と比べて多く汗をかく人のことです。手足のみならず、人によっては頭皮や脇、背中など様々な部位に汗をかくため、悩んでいらっしゃる方も少なくありません。


衣類が湿ってしまったり、足が滑る、人と握手することに抵抗があるなど、日常生活でも不便な点が多いため、多汗症治療を考えている方もたくさんいらっしゃいます。

多汗症治療にはいくつかの方法があります。
まずは内服薬による治療です。

緊張したり不安な時にたくさん汗をかいてしまうという方には、精神安定剤や抗うつ剤などが使用されます。


ただし、人によっては副作用が生じてしまうこともありますので、注意が必要です。
次いで、塩化アルミニウムなどを使用した治療です。

薄めた塩化アルミニウムを気になる部位に塗布するだけの簡単な治療法です。



これは比較的症状が軽い方にお勧めです。



ただこちらも皮膚が弱い方は肌が荒れてしまう可能性がありますので注意が必要になります。


また、電気治療方法もあります。


アメリカなどでは一般的な多汗症治療法ですが、日本ではあまり知られていません。

そもそもの施設が少ないうえに、定期的に通わないといけないというデメリットがあります。

更にボトックス注射による治療もあります。しかし副作用も起こりやすいうえに、保険適用外のため非常に高額になります。


手術による治療も可能で、こちらが最も確実に汗を止めることが出来ます。
ただし、それによって今まで汗をかかなかった部位に汗をかき始めてしまうこともあります。



いずれも信頼できる医療機関で、しっかり医師に相談の上、治療を開始するように心がけましょう。

ためになる美容

subpage1

多汗症になってしまうと、生活に支障がでることもあります。緊張をしたり不安になると多量の汗をかいてしまい周囲からもちょっと敬遠されがちです。...

more

ミニ常識

subpage2

多汗症に悩む人は意外に多くいるのではないでしょうか。多汗症とは、手のひらや腋、足の裏などに異常に多くの汗をかく疾患で、痛みはありません。...

more

難しくない美容

subpage3

汗をかくというのは、体温調整をしたり体内の老廃物を排出したりする重要な役割をはたしています。なので汗をかくというのはいいことです。...

more

1から学ぶ美容

subpage4

美容整形の中には、半永久的に効果が続く施術と、数ヶ月から2年程度等、一時的にしか効果がない施術があります。現在、人気となっているプチ整形と呼ばれる施術は、時間が経てば戻る施術となっています。...

more